乳製品の中でも人気のクロテッドクリーム|美味しい食べ方を知ろう

女の人

クエン酸の効果

ご飯

人間が生きていく上で必要な栄養成分は、様々なものがあります。食事をきちんと摂って、その栄養成分をバランス良く身体に取り入れることが必要になってきます。誰もが摂取した方が良いと知っている栄養素に、カルシウムと鉄があります。カルシウムはご存じの通り、骨を強くするための栄養素です。鉄は血液を作ってくれます。意識的にカルシウムや鉄を含む食べ物を食べている方も、多いことでしょう。しかし、カルシウムや鉄は体内での定着率がとても低いです。せっかく食べても、身体に定着せずに、体外に排出されてしまうことも多いです。それを定着させるために役立ってくれるのがクエン酸です。クエン酸はうめぼしに多く含まれています。うめぼしを食べると、カルシウムと鉄の定着率が良くなります。

クエン酸は身体に良いということを、何となくしっている方も多いでしょう。サプリメントや、飲み物でクエン酸を摂取できるものもあります。でも、日本人として一番気軽にクエン酸を摂取できる方法は、うめぼしを食べることでしょう。朝食などのお供として、毎日気軽に食べることが出来ます。食事でカルシウムや鉄を摂ろうと、お魚やレバーと食べた時には、ぜひうめぼしも一緒に食べてみましょう。カルシウムと鉄の吸収率が、とても高まります。もしカルシウムの吸収率を良くしたいと思ったら、煮魚をする時に、一緒にうめぼしを煮るのも良いかもしれません。そのまま食べるうめぼしとはまた違った味を楽しめますし、お魚を食べるのと同時に、自動的にうめぼしも食べることが出来ます。